3Dプリント農園

3Dプリンターでの出力ノウハウを書き留めとくとこ

廉価3DプリンタのELEGOO MARS2台目買っちゃったんですよ

イベント前で量産力が足りない…追加で3Dプリンタを買うか…?

いやそんなまさか…とAmazonを睨んでたら

 

格安金属VATだったりFEPフィルム張り済樹脂VATだったりで

全国の3Dプリント農家のハートを射抜いた

ELEGOOのMARSがタイムセールで2万7千円だったので

2台目のMARS買っちゃった。

 

無印Photonのアップデート版みたいな機種なんですが、

ビルドプレートを支えるシャフト部分にサスが入ってて

Z=0のキャリブレーションが楽だったりかゆい所に手が届くいい子なんですよこの子。

 

出力もPhotonと遜色ないです。

LCDやVATが共通規格なのでアップデートコピー的なやつなのかな。

出力サイズが縦横高さそれぞれ若干Photonより大きいのがチャームポイント。

 

せっかく綺麗なELEGOO MARSが届いたので購入検討中の方に向けて開封記事やっていきます。

 

f:id:turitech000:20191113171003j:plain

 商品箱のままAmazonから送られてきます。

大きめの宅配BOXならギリ入る感じ。

 

 

f:id:turitech000:20191113171012j:plain

 

Photonの箱は天面が開くタイプだったんで取り出しに苦労したんですが

ELEGOOは側面が開くのでめっちゃ楽ですね。

定番の白いウレタン緩衝材で挟まれてます。

このウレタン緩衝材ですが、捨てずに底面部分?の壁だけを破壊しておくと

MARS本体に被せる保温&防音カバーになるので取っておいてもいいかも。

 

最近はweb見てね!ってカードが入ってるだけの3Dプリンタも多いですが、

一応紙の説明書が同梱されてるのもユーザーフレンドリーですね。


 

f:id:turitech000:20191113171023j:plain

本体とアクセサリ一式が入った箱と説明書が入ってます。

本体はラップ巻き。

 

 

f:id:turitech000:20191113171033j:plain

ラップ剥がしてこんな感じ。

カバーはすぽっと被せるタイプです。

端面にパッキン的なものがあったりするわけではないので

密閉と言うより紫外線対策で被せてるだけになります。

 

 

f:id:turitech000:20191113171044j:plain

ツールセットの中には

 

ニッパー×1

ヘックスドライバー×1

アーレンキー大小×1

計量カップ x1

マスクx 3

手袋 x 3

レジンストレーナx10

スクレーパー x1

USBメモリ×1

ACアダプタx 1  

ABS製?レジン切り斜めがけホルダー×1

 

が入ってます。

マスクが防塵仕様っぽいちょっといいやつで驚くなど。

Thingverseでよく見るレジン切る為にプラットフォームを斜めに吊るすアダプタが

同梱されてるのも嬉しい感じ。

全体的に気が利いてる印象あります。

 

f:id:turitech000:20191113171055j:plain

Photon互換のLCDを格安で出しているとはいえレジン漏れは怖いので

一応おまじないとして筐体とガラス面の隙間をマスキングテープで埋めときましょう。

 

出力空間内にファンが無いのでレジンが硬化反応してる際に発生する臭いが

外に排出される事がないのも個人的には嬉しいポイント。

Photonとかshuffle4kにあるあのファンってなんの為に付いてるんでしょうね。

冷却でもないだろうし。

 


ELEGOO MARS ビルドプレートのサスペンション構造

 

動画撮っちゃうくらい嬉しかったサス。

デフォでサスペンション&ボールジョイントなので

Zaxsizでビルドプレートをおろして底面がFEP面に触れたら

程よくサスが沈む程度に追加で2~3mmおろしてあげれば完全密着するという楽さ。

 

えらい。

楽なのはとても大事。

 

ビルドプレート裏面は念の為120番くらいのサンドペーパーで荒らしてあげると

落下の心配が減るのでこれもおまじないとしてやっておくと良いです。

 

 

f:id:turitech000:20191113171309j:plain

Z=0合わせたら縦横2箇所のネジを締めて固定してメニューからZ=0登録してあげます。

この際、多少ビルドプレートがずれる事があるので右手はアーレンキーつまみつつ、

左手でビルドプレートをFEP面に押し付けてあげると良いですね。

 

二回目以降はネジ緩めてZ=0のホームポジションボタン押してあげれば

勝手にZ=0の高さでプラットフォームが接地するので(サスがゆるく沈み込むので)

あとはプラットフォームを手で押し付けながらネジ締めてあげればOKです。

超らくちん。

 

ビルドプレートがシャフトを中心に軸回転しちゃうけどあんまり気にしない感じで。

 底面が完全密着してれば多少回転してても出力には影響ないです。

 

あ、そうそう

f:id:turitech000:20191113182431j:plain

筐体設計と基盤の関係か、USBの差込口が本体背面側でちょっとアクセス悪くて面倒なので

 

f:id:turitech000:20191113182350j:plain
L字のUSB延長ケーブルを買っておくとめちゃめちゃ便利です。

 これ2本セットで安くて布ケーブルだったのでおすすめ。

左出しセットだとPhotonにも使えるので2台持ちの人もぜひ。

 

樹脂は汎用のものならだいたい使えます。

ワンハオのレジンでもAnycubicのレジンでもOKOK。

切削性とそこそこの粘り、色、コストなど加味して

うちはAnycubicのグレーを愛用してます。

 

あとはstlデータをスライサーソフトのChituBOXに放り込んで

出てきたファイルをUSBに書き込んでプリントかけて一晩寝て起きたら

 

f:id:turitech000:20191113171334j:plain

 こんな塩梅で出力品が手に入ります。

ここが21世紀だ。

 

最新版のChiTuBOXにはELEGOO MARS用のパラメータが標準で用意されているので

設定周りもらくらくです。

 

個人的な好みだとボトムレイヤー12層くらいにして照射70secくらいにしてあげると

プラットフォームへの食いつきがガチガチになって大物出す時でも落下し辛い気がします。

尚、上の写真の出力品は0.1mmピッチですが

スペック上は0.01mmまでいけるという事になってます。

あんまレイヤー細かくしても太ったり落下の確立上がったりFEP傷んだりあるのでそこは各自突き詰めて知見を共有していきましょうぜひ。

 

twitter

知見を得たらぜひTwitterで教えて下さい。

お便り待ってます。

 

ちなみにFEPに関しては

ELEGOOからフィルム張り済みの樹脂VAT4つで3000円とかいう

あたまのおかしい製品が出ているのでこちらもオススメ。

 

 

一般的なFEPフィルム4枚買うより安いってどういうこと?

人類はついにFEP張りから開放されたのか…?

 

使ってみましたが全然問題ないので

今あるFEPの在庫がなくなったらコレを使い捨てていくのも視野に入れてます。

尚、以前記事を書いた金属VAT同様にPhotonと完全互換なのでPhotonユーザーの方もぜひ。

 

www.3dfarmer.net

 

イベント前とかのバックアップとして持っといても損はないと思います。

3000円だし。

 

 

そんなこんなで3万前後ならめっちゃ買いだし楽しく使えると思うので

興味ある人はELEGOO MARS買っちゃった方がいいですよという記事でした。

 

別にELEGOO社からはお金とか貰ってないです。

割とマジで3万円以下で買えるプロダクトとして感動したので書いたよ。

迷ってるなら買っちゃった方がいいです。

おすすめ。

 

 

VATとLCDと電圧の話

ドメイン設定とか色々やってました。

 https://www.3dfarmer.net/になったよ。

 

さて、VATとLCDとELEGOO MARSの話。

 

www.3dfarmer.net

 

前回記事で中身を広げたELEGOO MARSくん用VATですが

本当にそのままPhotonくんに使えました。

 

f:id:turitech000:20191017173922j:image

無加工でぴったり

 

f:id:turitech000:20191017173935j:image

 

出力もなんら問題なく

 

超お得商品ですよこれは。

ELEGOO MARSユーザだけでなくAnycubicPhotonユーザにもおすすめ。

 

同様のコンポーネントをPhoton純正で揃えようとすると

VAT2個とFEPフィルム4枚なので合計1万6千円くらいかかる事になります。

3割以下で手に入っちゃうのでELEGOO MARSユーザだけでなく

Photonユーザにとってもはちゃめちゃにお買い得ですね。買った方がいい。

 

どうやらLCDも共有出来るという事で

MARSPhotonは実質同型機というか従兄弟というか。

 

これだけパーツ共有出来るならスペアパーツをストックするコスト下がるし

イベントも近いし量産力欲しいしじゃあ買っちゃうか…って勢いで

 

 買っちゃった。

こちらも開封記事を書きたいところ。

2倍の量産力!

 

 

3Dプリンタと電圧の話。

 

FEPが傷んでるわけでもなく

停電したわけでもないのにジャギジャギの出力品が出てきちゃう事がありまして。

 

f:id:turitech000:20191017174035j:image

こういうの

 

最近頻発していたのでLCDの故障かな?とVAT外してテスト照射したところ

LCDマスクの黒みは薄いものの抜けはなく、UVライトがチラついている…?という症状。

 

お外は台風。

よもや電圧不足…?

確かに過去同様のトラブルが発生した際も

洗濯乾燥機や浴室乾燥機をぶん回していたような…。

 

台風が去ってからは普通に出たので

安定化電源の導入を視野に入れつつ様子見…。

 

あるいは内蔵ラズパイ側の熱暴走とかスライスデータ、

USBのエラーだったりもするのかしら。

 

たまーに発生するものの明確な理由は未だ不明なので

もし知見をお持ちの方はコメントとかTwitterでレスとかくれると嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

ELEGOO MARS用交換VATがきた

 

turitech000.hatenablog.jp

前回の続きのような記事です。

 

 

 昨日ポチって

今日届きました。

物流パワーを感じる。

 

f:id:turitech000:20191010212143j:plain

ELEGOO MARS用として売られているFEP&VATセットです

 

箱持った感じだと結構重たいですね。

よくあるA4コピー用紙の束くらいのサイズ感なので

宅配BOXには入る大きさ。

修羅場中にFEPが破れても受け取れて安心。

 

f:id:turitech000:20191010212209j:plain

開封してまずFEPフィルム。

4枚入ってます。

Anycubicの純正FEPが国内流通価格一枚1500~2000円として

ELEGOO MARS用のこの交換VATセットは5千円ちょいで販売されているので

もうこれだけで値段分の価値ありますね。

気持ちAnycubicより厚みがある気がするのでマイクロメーターで測ってみたいところ。

 

f:id:turitech000:20191010212212j:plain

VATはアルミ製?でバキューム成形のフタがついてます。

耐溶剤性とか考えるとPPとかなのかな。

手触り的にはPETっぽい気もする。

保持は結構キツめで風が吹いても取れたりはしなさそう。

 

VAT底面=FEP裏面なのですが、この蓋使ってればスタッキングも出来るのかな。

でも、不意にレジンとか付着させちゃいそうだしFDM機でスタッキング用の

ホルダーというか棚みたいなの作った方が良さげですね。

その手の分野はChironの出番。

今度作ります。

 

センチュリー 裸族のビキニ HDD用スタンドキット CRBK2

センチュリー 裸族のビキニ HDD用スタンドキット CRBK2

 

 こういう感じのスタッキング用スペーサーをつくりたいところ。

完成したらstlでも公開しよう。

 

 

 

f:id:turitech000:20191010212215j:plain

中身一式。

 

・VAT×2

・VAT蓋×2

ニトリル手袋×12

・個包装の使い捨てマスク×6

・VAT2個分のネジ

・大小2本のアーレンキー

 

アーレンキーは長い方のお尻がボールポイントでした。

 

淡い期待を抱いてましたがFEPフィルムは張られてなかった。

世の中そんなに甘くないですね。

 

f:id:turitech000:20191010212221j:plain

フィルムの固定具はこんな感じ。

ネジ径も構造も殆どPhotonと同じすね。

廉価3DプリンタのVATでよく聞くエッジ部分の処理が甘くてバリが立ってて

フィルム締めたらそこから切れてしまった…みたいな事はなさそう。

 

 Photonの純正VATとほぼ同額でVAT2個ついてフィルム4枚同梱って考えると

かなりお買い得な印象を受けます。

 

取り急ぎ開けちゃったので

今夜にでもFEP張ってPhotonで出力テストしてみます。

フィルムの性能もAnycubic純正とちょっと違ったりするのかな。

どうかな。

 

 

 

 

FEPフィルムの話

SLA式やLCD式の3Dプリンターを使う人がおそらく一番嫌いな作業。

 

たぶんFEPフィルムの張替えだと思うんですよね。

ご多分に漏れずわたしも嫌いなんすけど。

FEPフィルムの張替え。

 

作業中の傷にも気を使うし全体のテンションが均等になるように気を使うし

露光側にレジンとかゴミとか付かないように気を使うし

国内流通のFEPフィルムは結構いい値段するし。

けど、思いも寄らないタイミングでサクっと穴があくわけじゃないですか。

ほんとやだ。

 

寝て起きてPhotonの筐体覗いたら

FEPが破れてズタズタの成形品がプラットフォームからぶら下がってて

しょんぼりしたばかりの今朝だったりもしまして。

 

(あとで写真貼ります)

f:id:turitech000:20191009182829j:image

(2019/10/09 19:00追記 貼りました。)

f:id:turitech000:20191009182834j:image

FEPが傷むと上手に剥離出来ないままこんな感じでメシャメシャの出力物がぶら下がることに)

なんでもない時期ならしぶしぶ張り替えるだけですが、

イベント前とか修羅場ってる時期だと割と致命傷になるタイムロスですよね。

こういう時もう一台VATが控えててくれると嬉しいんだけど

換えのVAT持ってなかったねってことで

 先日ELGOO MARS購入を検討してた時に見つけた

これをポチってみました。

金属レジンタンク2個とFEPフィルム4枚で5000円ちょいはかなりの破格なのでは…?

 

(Photon用のAnycubic純正FEPフィルムだと国内相場1枚2000円くらいするし)

 

ELEGOO MARSくんとPhotonくんで共有出来るんですって。 

ほんとに?

 

届いたら記事にしようと思います。

FEP張った状態で送ってきてくれたらいいなー そんなに甘くはないかなー。

 

 

 

 

3Dプリント農家のメモ書きをやっていきます

Twitterに書き散らすだけだと自分でも忘れちゃいそうなので

備忘録兼ノウハウ共有な感じでちょこちょこっと書いていこうと思います。

 

使用中の機材についてですが、

 

現在の主力はLCD機のAnycubic Photonに社外パーツのEasy Z=0を組み込んだものを一台。

 

 

 FDM機として400*400*450の大型プリンタAnycubic Chironを一台。

 

 

 

Photonで量産中に試作が出したいなーって用途でELEGOO MARSを一台運用しています。

 

書き溜めたメモがトラブルにぶち当たってググった人の助けになったらいいよね。

そんな感じで。

 

 

普段はTwitterにいます。

 

鶴居技研という名義でイベントに出展とかもしているのでなにとぞ。

通販もあるよ。

https://turitech.booth.pm/